板金塗装と車検は車のメインメンテナンス

新着

garako

ヘッドライン

ガラスコーティング

ガラスコーティングとは、はじめは窓の撥水性を高めるため施工を指していた。しかし現在は車体に行うコーティングとして認識されている。それに伴い、…

選出記事

ガラスコーティング

ガラスコーティングとは、はじめは窓の撥水…

READ MORE

ポリマーコーティング

ポリマーコーティングとは、シリコーンやフ…

READ MORE

特別記事

garako

ガラスコーティング

ガラスコーティングとは、はじめは窓の撥水性を高め…

詳細はこちら

種類

syurui

カー文化が発展するにつれて、徐々にカータイプは多様化しており、その中でも大きく分類されるのは海外産と国産である。
海外産の場合は、ハンドルが左側に設置されていることが多い。しかし流通が盛んになってからは、日本向けに右ハンドルで製造されたものも増えつつある。
また2000年以降は右ハンドルに配慮して、左右両方に発券機や料金所を備え付けたパーキングが増えている。

ほかにも種類分けとしては形状がある。
凸のような形をしているタイプはセダンと呼ばれ、昭和頃まではこのタイプが一般的であった。平成に入り徐々に長方形に近い形となったワンボックスカーやワゴンなどが登場し、その後ワンボックスカーに丸みを与えた形が登場している。
ほかにも海外産の場合は、フォルクスワーゲンの「カブトムシ」と呼ばれる小型タイプをはじめとした、特徴的な形状のものが多数存在している。
また、俗に「アメシャ」と呼ばれるタイプはかなり大型のものが多く、トレイラーのような形をしていることもある。

そのほかには「普通」「軽」と重量による差別化が図られている。
軽はナンバープレートが黄色をしているためすぐに分かるようになっており、停止スペースでも軽専用のものが存在する。

検査

kensa

日本では車検と呼ばれる定期検査が実施されており、カー所持者は必ずこれを受けなければならない。
車検では各部品の機能チェック、エンジントラブルの有無、その他不具合などを点検する。ちなみに車検を実施する工場で修復可能な箇所がある場合は、追加料金を支払うことで修復することもできる。
一般的に車検の周期は2年ごとであり、検査には一週間ほど要することが多い。

また、過度のデコレーションをした状態では検査に通らないことも多い。
通常、検査に通らないデコレーションは道路交通法でも禁止されていることが多い。そのため、検査に問題なく通る程度のデコレーションにしなければならない。

塗装

tosou

カー修復は、主に板金塗装によって行われる。
板金塗装とは、修繕に用いられる技術であり、傷やへこみの板金作業と塗装を行うことが名前の由来となっている。
主にカー修繕に用いられる言葉であり、それ以外で使用されることはあまりないとされている。

この施工を行うのは町工場などが一般的であったが、平成に入ってからは短時間で修繕サービスを行う専門業者も登場しているため、そういった場所でも行われる。
また、所有者が自力で行える塗装なども紹介されていることがあるが、こちらは擦りきずなどによる塗装の剥げ修復が一般的であり、板金要素は薄い。